BBBの教科書」カテゴリーアーカイブ

BBBの教科書:速攻


三線速攻

三線速攻のときにサイドの2人がそのまま開いていることが多い。

それはディフェンスとしてはすごく楽だ。ボールマンだけ観ていれば好いのだから。

サイドの2人はリングに近づいていく意識を持つと、ディフェンスはそれをケアしないといけないから、自由なスペースが生まれやすくなる。

後は状況にもよるが、そのまま走り抜けて逆サイドに流れゴール下で待つようなことをすればいい。(バスケ用語忘れたので、補足お願いします。)

 

次の段階:細かいパスを繋いで速攻を出すこと

今季B.B.Bの速攻は、長いパスで出すか、特にスチールからワンマンのドリブルで出すことが多かった。

この次の段階は、細かいパスを繋いで速攻を出せるようになることだ。

リバウンドを取ったら、パスがすぐ出せるような足の裁き方、ガード・フォワード陣はそれを受け、次の展開に繋げるような意識を普段の練習の中で培って欲しい。

例えば、相手がなめて打ったような3Pを外したときに、細かいパスを繋いで速攻出来ると素晴らしい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゾーン対策


ゾーンを崩すオフェンス

ゾーンディフェンスになったら、パス回しが速くなった。でも、それだけだ。ディフェンスとしては、受け渡しだけすれば良いから怖くない。

パスを受けて何も考えずにパスをさばくことが多い。

パスを受けて、シュートフェイク入れるとか、ドライブのそぶりを見せるとか、ドライブするとか、そういうことしないとディフェンスとしては怖くない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

BBBの教科書:スクリーン


・オフェンスの人はディフェンスとの距離があるとスクリーンの効果が出にくい。まずディフェンスとの距離をつぶす!

・オフェンスでスクリーンを掛けてもらったとき、相手がスクリーンに引っかかったら、遠回りでカットインするのは損。相手の横をすり抜けるイメージ。

・相手がスクリーンに引っかからずに、ディフェンスの裏を回ったときには、外に開くとフリーになれる。

・スクリーンされたとき
① スクリナーの前を抜ける。
② それが出来ないときは、スクリナーの後ろを通る。
③ スクリーンに引っかかったとき。ロールターンでかわす。
④ 相手の幅があったり、ロールターン出来ないときには、チェンジ!

1件のコメント: BBBの教科書:スクリーン

  1. avatar 神田 のコメント:

    せっかくなのでバスケ用語を使ってで解説します。
    ①はファイトオーバーといい、スクリナーとユーザーの間をすり抜けるディフェンスです。
    ②はスライド(もしくはスライドスルー)といい、スクリナーとそのディフェンスの間をすり抜けるディフェンスです。
    どちらもマッチアップのスイッチはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です